英語学習&留学

【TOEIC850ホルダー】英会話を身につけるために重要な考え方3選

どうも

sho-jiです

 

今回は、「英会話を身につけるために重要な考え方3選」についてお話したいと思います。

 

 

この記事を書いた人☑

☑ブログ歴2年0か月(途中挫折&失敗あり)
☑家庭教師で小学生~高校生の英語科目を指導経験あり
☑地方国立大出身で在学中のTOEIC最高得点は470点
☑大学院生の時から本格的に学習、TOEIC760点に伸ばし卒業後も学習を継続
☑TOEICの最高スコアは850点、TOEFLibtは80点
☑語学留学3回、大学院専門留学1回の経験あり
☑英会話はゲームと洋画を活用して覚えるスタイル
☑中小企業の会社員(経営企画)と個人事業主(家庭教師)を兼業

 

 

※最初に述べておきますが、英会話におすすめの教材をこの記事で紹介しているわけではないです

 

 

「英会話には良質な教材と継続が重要」

 

「英会話には良質な教材と継続が重要」だと私は考えています。

この考えのもとで英語学習を続けてきて850点を取ることができました。

 

これはどういうことか?

 

私の失敗談を元にお話しします。

 

わたしは英語学習においてたくさん時間とお金を浪費した失敗があります笑

 

これまでの英語学習歴を振り返ると、

 

「こういうこと知って英語学習に時間を割いていたら効率的だったな」

 

「このタイミングで留学する必要なかったよな汗」

 

とか、めっちゃ思います笑

 

でも、それって今だからわかるのですがその時は全然わかりません。

 

「英語学習するモチベーションは高いけど、学習方法や進め方がわからん!」って人はたぶん割といると思うんです。

 

 

あとは、こういう人も割と多いんじゃないかなと思います。

 

あなたが英語話せる人に「どうやったらそんな風に話せるようになるんですか?」

 

と質問したときに返ってくる回答が人それぞれ違うということです笑

 

Aさん「えーと、洋画を観まくった」

Bさん「TOEICの学習を900点くらいまでしてたら話せるようになったよ」

Cさん「やっぱ語学留学やな。あれが大きかったわ」

 

こんな感じです笑

 

 

これも、落とし穴があって、今だからわかるんですけど、みんな質問に対する回答は違うんですが、

 

おそらくやっていることが同じなんですよね笑

 

さきほどの回答に補足をすると、みんな共通して音読と暗唱めっちゃやってるはずです

 

Aさんなら洋画の中で登場したフレーズで音読と暗唱トレーニング

BさんならTOEICスコアが800点超えたあたりからリスニングセクションのスクリプト見て音読と暗唱トレーニング

Cさんはおそらく留学中に授業の中で音読と暗唱トレーニングが取り組まれていたり、日常で英語をすごく使う環境だったので自然と音読と暗唱トレーニングがされていたのではないか

と推測されます。

 

補足としては、回答が人それぞれ違う理由としては、英語レベルによって良いトレーニングと良くないトレーニングがあります。

TOEIC900点の人が取り組むと効率が良いトレーニング、学習方法がTOEIC300点の人にとっても効率が良いとは限らないです汗

なので、レベルごとにも取り組む学習方法やトレーニングが異なるということを覚えておいてください

 

 

私がこれまでいろいろ英会話ができるようになるために学習方法やトレーニングを試してきて一番効果があったのが

 

音読と暗唱トレーニングです

 

というか、これ抜きでは英会話ができるようになるのは難しいのではないかと感じています。

 

 

今回の記事のテーマに戻りますが、以上のことから結論としては、

「英会話は良質な教材と継続が重要である」

というのは、

 

英会話の良質な教材=音読と暗唱トレーニングがしやすい教材

継続が重要=音読と暗唱トレーニングを継続していくことが重要

 

ということになります。

 

 

音読と暗唱トレーニングについてはまた別の記事で詳しく述べることにします。

 

 

お金をしっかり払うときに払って時間を節約すべし

 

 

英語教材を購入して後悔しないために、 大事なコト。

教材に沿って学習していけば「英会話」が身につけるもの、利用者の満足度が高いもの、もしくは無料カウンセリングや無料体験があってどんなものなのか体験できるものが良いです。

 

以上のことを満たす英会話教材やサービスは基本的に高額です汗

 

とはいえ、あれこれと出費せずに済むので急がば回れの考えでは、それ以上かかることがないので安く済むという考えです。

少なくとも浪費しにくいです。

 

私自身が英語教材にお金を費やしたからこそ、くれぐれも浪費しないように。

 

 

 

【ラクに楽しく、英会話ができるようになる良質な英語教材】というのは、

 

『購入した教材に沿って進めていけば、挫折せずに英会話を身に付けることができる英語教材』

ということです。

 

結論を述べると、多少高くても後々のことを考えると時間がかからなくて済みます。

『お金を払うときに支払って時間を節約する』

ということです!

 

私は、『効率的で挫折しない学習方法』も知りませんでしたので、

あれこれと教材に手をだして、学習方法も試行錯誤しながら進めてました。

 

しかし、紹介する教材は効率的で挫折しないように設計されているので

その教材だけを活用してしっかりと英語学習を取り組んでいけば半年ほどでも英会話が身につくことでしょう!

 

 

ということで、

ある程度のお金をしっかりと支払うことで効率的に英会話を身に付ける学習ができて、時間を節約できるということです!

 

 

そういった教材はどれもあまりあれこれ考えずに素直に教材に沿って取り組んで

いければ英語力が向上するように設計されているので、継続しやすいんです。

 

 

ただし、自虐になりますが私が英語教材やサービス等に費やしたトータルの料金より絶対にかなり安いです笑 しかも上達スピードが圧倒的に早い!

 

 

英会話が身につくとこんなことができるようになります。

・今まで聞き取れなかった英語が理解できるようになるとともに
・外国人と日常的な英会話程度ができるようになります。
・外国人に声をかけられてもなんとか対応できる

 

また、英会話の基礎を身に付けられれば、TOEICやTOEFL、IELTSといった難易度の高い試験に取り組む素地ができるようになります。

 

ぱっと見で感じ少しでも英語が話せれば、周囲からはワンランク上の人材と認知されるのでこれだけでもやる価値は大いにアリだと思います。

 

これまでの経験から正直にいうと、しっかりと教材やサービスにお金をかけた方が最短でかつ手っ取り早く英会話ができるようになると確信しています。

 

 

英語学習につぎこんだお金は戻ってくる

 

あとはもう一つ考え方で大事なことがあります。

英語学習につぎ込んだお金は仕事や報酬で戻ってくる

払いっぱなし、損しっぱなしではない

ということです。

 

なぜならば、『英語ができる人材』として社内で認知されて海外赴任される、

または転職するとなると、いまの年収よりも50万以上上がることも十分あるからです。

 

転職で収入アップすればこの時点で支払った出費は回収できますよね。

 

それも一年ではなくそのあと継続して年収アップするならば、

40万ほど英語に投資しても1年以内に回収できますし、2年目以降であれば継続して+となっていきます。

 

回収できるどころか、始めに自己投資として英語学習に費用を投じたことで、後々プラスになって返ってくるということです。

 

転職しなくても副業でも回収できますよ

 

たとえば、TOEIC800から900点くらい取得できればTOEIC指導の講師や家庭教師の副業ができます。

時給で安くても4000円以上なので(というかそれ以下の時給なら仕事受けないべき)、週末などに数時間働くだけで一年以内に回収できます。

例:週末に3時間指導→12000円/週

→月4回で48000円

→12か月で48000円×12=576000円

年間で約58万円の副業収入

会社での給料アップより割が良いかもしれません。

 

 

 

 

英会話を身につけるための重要な話はわかった。それじゃ、おすすめの教材について教えてくれ

 

わかりました!

私のおすすめの教材はズバリこれです!

 

 

 

 

 

って言える教材がないんですよね笑

正直、「これ一つで英会話ができるようになる」っていう教材は存在しないかと思います…汗

 

ですので、レベル別や教材のレベルごとにこういう教材を組み合わせて学習すると良いよーという話はできると思いますので、考えてみて今後記事にまとめてみようと思います。

 

今回は英会話を身につけるために大事なことを話しました。

 

少しでも英語学習者のお役に立てる内容だったら嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
sho-ji
▶30代独身▶複業家▶ブログ運営(ドローン、暗号資産、英語)▶ドローンパイロット(UAV技能初級、UASLevel2取得)#デイトラ生▶暗号通貨積み立て実績公開中▶TOEIC880&留学3回(語学留学と専門留学)