キャリア ランドスケープだけでは終わらせないキャリアを

 

 

私は、日本の大学院のランドスケープ学科修士課程を卒業し、在学中は米国のランドスケープ学科修士課程に留学した経験があります。

 

 

 

そのため、日本と米国双方のランドスケープ教育の違いについて身を持って実感していて、そういった経験をもとに

ランドスケープの道を志す次世代の若者に向けて何か役に立てる記事

を書いていきます。

個人としては、ランドスケープアーキテクトとして、

エコロジカルな視点から持続可能で自然と寄り添う空間のデザイン

ができるよう修行中で、学会発表、論文投稿等の研究活動もゆるっとしてます。

 

 

ただ、ランドスケープアーキテクトとして活動していきたいけれど、ランドスケープアーキテクトだけで終わりたくないとも思っています。

これからは他分野との掛け合わせてが更に重要になってくると考えているので、

国策のインバウンド観光やブランディング、webマーケティングなどを武器にランドスケープ分野と融合させていきたいと思っています。

そしてこの気持ちはコロナによってさらに強くなりました

 

日本はまだあまり実感がないかもしれませんが、世界中では(特に発展途上国では)コロナによる死者数がとんでもなく、海外にいるととても「死」というものが身近に感じられたと思います。

 

100年時代ともいわれるけれど、いつまで生きられるかは誰にもわかりません。

いま生きているということを大切にしたい

いまはもっと自分の気持ちに正直に、より自分らしく生きたいと思いました。

 

そこで私はまだまだコロナの終焉が見えないまま、途中帰国やコロナ感染もありえる状況で渡米して留学を果たすことをやめて、ご縁があってシンガポールのメディア会社でマーケティングをさせて頂くことになりました。

 

“留学できないからこそできること”をいろいろと考え、いまの自分に正直になった結果、この道を選びました。

 

詳しくは記事にまとめましたのでそちらをご覧ください。

専門分野を一旦離れて他分野へ挑戦!なぜ? その経緯と理由は? 私は2020年秋から米国の大学院へ進学する予定でしたが、コロナによってとりやめることにしました。 それに伴い、シンガポールの会社で...

 

#ランドスケープアーキテクト#ランドスケープ留学#ランドスケープ大学院#ランドスケープ教育#ランドスケープ研究#転職#マーケティング