英語学習&語学留学 ・大学院留学

【米国大学院留学経験者】大学受験生に超オススメ!! 『速読英単語』はコスパ最強の英語教材

受験生の皆さんから長年愛され続けている

Z会から出版されている【速読英単語】

紀伊國屋チェーン 高校学参 英単語・熟語部門 シリーズ別類型販売冊数で

2000年1月~2019年11月まで No.1

を誇るロングセラーとして長年多くの受験生から愛され続けている大学受験用英単語本

です。

価格は1100円です。

速読英単語
created by Rinker

 

 

けっこう有名な本なので知っている方も多くいるのではないでしょうか?

 

 

これだけ有名なので、もう紹介する必要もないと思いますが、

意外とこの本を使い倒さずに勿体ない使い方をしている受験生、高校生が非常に多いので、

今回改めて、米国の大学院留学経験があり、家庭教師受験生の英語指導をしていて、いまも速読英単語を愛読書のように使っている私から

速読英単語を出版しているZ会へ感謝の気持ちと愛を込めて

【速読英単語を徹底的に使い倒す方法】についてお話したいと思います!!

ほんと速読英単語を使い込むだけで大学受験レベルの英単語はかなり良いレベルまで到達できますのでぜひ使い倒す方法を知って英語科目を得意にしてほしいですね!

 

それでは早速参りましょう!!

 

速読英単語は最強の英語テキスト! その理由は?

 

英単語だけでなく文章も付いてて内容がとにかく面白い!!

受験生の多くは単語本で単語だけ覚えてますよね…

単語一語をみてそれを知ってるか答える、みたいな。

(inventって書いてるのをみて「~を発明する」って答える練習みたいな)

 

でも、考えてみてください。

大学入試って単語だけを答えさせる問題ってありますか?

あったとしても数問だけですよね。

多くの問題は長文を読ませて文章の意味を理解したり、要約するような長文読解に関する問題ですよね。

そうなると単語を文章の中で理解して読み進めていく状態にしておかなければいけないんです。

だから、単語だけ覚えていくのではなくて、文章の中で単語の意味を知って文章として理解できるか確認しなければなりません。

ということで、なんとこの速読英単語は単語本なのですが、単語がちりばめられた文章も掲載されていて、

文章で単語を理解して読み進められる訓練が自然とできるようになっています!

そしてなによりその英語の文章の内容が面白いのでついつい読んじゃうんです。

長文読むのだるいけど、受験のために読むか~という自らモチベーションを奮い立たせる必要があるのではなく、

長文の内容が毎回面白いからついつい読んじゃうんだよね、次はどんな内容なんだろう~

と興味を持って自発的に取り組んでいける。

つまり、反復練習がしやすいため単語を頭に定着しやすくかつ長文読解の練習もできる一石二鳥の単語本なんです!

 

 

入試出現語の95%をカバーしている!!

速読英単語は英語科目を省エネで高得点が取れる受験生のバイブルともいえる内容となっています。

どういうことかというと、この速読英単語1冊だけで入試出現語の95%をカバーしているんです!!すごくないですか?笑

 

速読英単語の冒頭にはこのように記載があります。

余裕をもって大学入試問題に望むことができる単語力とは何か?

その明快な解答を得るために初版依頼、毎回徹底的なデータ分析を行い、最終的な掲載後を選定しています。

本書の分析対象大学はカバー折り返し記載の主要57大学とセンター試験です。

本書1冊でこれらの対象大学の入試出現語の95%をカバーすることができます。

Z会 速読英単語[改訂第7版]P4

毎回データ分析からどの単語が入試に登場しているのか、選定しているんですね。

だからこの単語本は本当に大学受験用として重宝されるんですね。納得がいきます。

しかも分析している大学をみてみると、東大、京大はもちろん旧帝大レベル(北海道大学、東北大学、大阪大学、神戸大学、広島大学、九州大学)やMARCH、関関同立といった上位クラスの大学が漏れなく含まれています。

速読英単語を徹底的に使い倒して単語をマスターするといろんな大学入試に対応できるということですね!凄すぎる…

 

でもなんで95%なんだろう…ここに疑問を持ちませんか?

これについてはこのように追記もあります。

※(英文テキストの95%程度が既知語であれば、速読して内容を理解するのに支障はない」とも言われ、それに必要十分な語彙数を確保しています。)

Z会 速読英単語[改訂第7版]P4

なるほど。長文読解で時間制限内に読み込むのに支障がない語彙数ということですね。

 

これだけでも速読英単語を活用しない手はないくらい説得力があります。

しかし、これだけでは終わらせないところが速読英単語をロングセラーにさせた要因なんです。

個人的には次に述べることが速読英単語の真骨頂かなと思っています笑

単語本だけにとどまらないのがコスパ最強の理由!!

4技能すべて鍛えるために徹底的に活用できるように作られている。

これがなんと1100円で買えるなんて驚愕…コスパ最強です。

 

速読英単語
created by Rinker

 

徹底的に使いこもう! オススメの活用方法の紹介

速読英単語は基本的には「単語帳」といわれる語彙力アップのための書籍ですが、

 

速読英単語を徹底的に使いこむことで、

このほかに

 

  • 読解力
  • 速読力
  • リスニング力
  • スピーキング力
  • ライティング力

 

を鍛えることができます!!

 

 

読解力

読解力を鍛える勉強方法はずばり

「精読」トレーニングです!

精読とは、単語、文章構造などわからないところを細かくしっかりと調べて、ゆっくりでも理解して読むことです。

これは速読力につながる、「通読」トレーニングの下準備としてもとても重要なトレーニングです。

私自身もTOEIC,TOEFLのリーディング対策で精読トレーニングを取り入れてから読解力が伸びていったことを実感しています。

 

ですので、たとえ最初に「こんな面倒なことやってられるかー」と思って何度も投げ出したくなったとしても、あきらめずに頑張ってみてください!

精読のポイントは以下の通りです(参考になる英語ブログより抜粋させていただいてます)。

◆ 精読 8つのチェック項目 ◆

(1) 発音・アクセントのチェック
(2) 単語の意味だけでなく品詞・語法もチェック
(3) 文構造(主語・動詞)のチェック
(4) チャンクごとにスラッシュを入れる
(5) 名詞を後ろから修飾する句・節は ( ) でくくる
(6) 不正解の選択肢の分析
(7) 言い換え(パラフレーズ)のチェック
(8) 「キーワード」のチェック

TOEIC リーディング465点が獲れたPart 7勉強法http://enjoylifeinenglish.blog112.fc2.com/blog-entry-304.html

 

精読は簡単に言うと、高校の英語の授業で文章を一言一句、細かく先生が解説してくれる授業でやっていたことをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います!

あの作業を自分でやってみてください。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

TOEIC スコアもリーディング力も向上するPart 7「精読」勉強法

 

 

英会話教材を活用すると効果抜群!!

 

先に英会話教材で進めていくと短期間でかなりスピーキングが上達できます!覚えた単語やフレーズをアウトプットの場として活用すると効果抜群です!

楽して英会話を身に付けたい方はぜひ。たくさん話せるようになりましょう~

コスパ最強なので教材を買って損はないです!

https://ceramal-ff.com/letstry-englishconversation/

 

オンライン英会話の活用すると使うシチュエーションがよくわかる!

覚えたフレーズをどんどん使ってスピーキングスキルに磨きをかけていきましょう!

オンライン英会話ではアウトプットし放題ですし、そのフレーズの適切な場面を丁寧に教えてくれるので自然な英会話が身につくようになります!

オンライン英会話についてはこちらの記事を参考にどうぞ。

https://ceramal-ff.com/online-english-lesson-review/

 

 

また、私が紹介している英会話教材のhiro式自宅留学では【オンライン英会話半永久使い放題】が無料特典として付いているのでこちらが一番おすすめです。

極端な話、7カ月継続して特典サービスのオンライン英会話無制限し放題だけを利用しただけで元が取れるということになります。

それで8カ月以降継続しても料金は一括支払いの49,800円のみなので、あとはこちらが得するだけですなのでコスパ最強です。そして全額返金保証付きサービスもあります。

 

 

 

ABOUT ME
ceramal.
▶青森県出身 ▶「Think Globally, Act Locally」「Be Yourself」 ▶スキルを掛け合わせて独自性を高めながら、自分らしく人生を歩むことを目指してます。 ▶【ブログテーマ】 /楽しく続けられる英会話について(特にゲームを活用した英会話)/ 大学受験英語、TOEIC、TOEFL、英検勉強法について/ ランドスケープ学生とランドスケープ留学について/人生観・キャリアのこと/温泉ソムリエと温泉の健康に与える効果について/