MENU
ランドスケープ

【ランドスケープ留学】【GPA3.0未満の人は必見】大学院留学したいけど成績(GPA)があまり良くない人向け 対処法を教えます!

四年生まで適当に過ごしててGPAが低い…けど海外の大学院へ進学したい!

こんなことでお悩みの方がいらっしゃると思います。

 

多くの海外の大学院は、出願の際にはGPAが3.0を最低基準としています。

 

日本の大学ではGPA3.0はなかなか優秀な学生しか取れないイメージがあり、卒業時まで3.0を維持するのは大変です。

学部の1年生のときから真面目に単位を取得していれば問題はないのですが、3年生、4年生になってから「海外の大学院へ進学したい!」となったら、1年生のときから取得した単位を戻すことはできないので、GPAを3.0に持っていくためにはなかなか至難の業となります。

 

多くの志願者にとって、TOEFLといった英語のテストと同様に海外の大学院進学の際の足かせとなっていることだと思います。

では、GPA3.0ないと海外の大学院へ進学できないのか…

 

そんなことはありません。まだあきらめるのは早いです。

今回はGPA3.0未満の人に向けて対処法を紹介したいと思います。

 

 

 

ランドスケープ専攻で留学したい人はだいたい優秀なのでこんなことであまり悩まないと思います…(^^;

とはいえ、

成績は悪くてもランドスケープ専攻で留学したいんだ!!

と熱い熱意を持った人は少なからずいると思います。私もその一人でした。

学部のときはランドスケープ専攻でない人が多いと思いますので、いまの専攻で成績が悪くてもランドスケープ専攻では成績が悪いとは限りませんし、熱意があれば留学先で好成績を収めることは可能です。

私も学部生のときはGPA3.0を切っていましたが、アメリカの大学院に留学したときはGPA3.4を取ることができましたので。

ということでGPAを現時点で3.0切っているからといって諦めないでください!!

そういった学生を応援すべく記事させていただきました。

 

詳しくはnote記事に投稿しています。

有料級の情報と好評でしたので、限定公開とさせていただいております。

良心的な価格(学生応援価格)に設定しています。

 

【ランドスケープ留学】海外の大学院に進学したいけど、成績(GPA)があまり良くない…泣 対処法を教えます!|note

 

ぜひ参考にされて念願の海外の大学院進学・留学を果たされてください!!

 

海外大学院入試に必要なその他の出願書類についてはこちらの記事を参考にどうぞ。

【ランドスケープ留学】海外の大学院に進学したい 出願書類の一覧を紹介します!! と思っている方、必見です。 ランドスケープ系で留学もしくは海外の大学院入試では、出願する際に大学側から書類...
ABOUT ME
sho-ji
▶30代独身▶ブログ運営(ドローン、暗号資産、英語)▶廃人から個人事業主開業、ドローンパイロットへ▶ドローンパイロット(UAV技能初級、UASLevel2取得)▶デイトラドローンコンテスト優秀賞受賞▶TOEIC880&留学3回(語学留学と専門留学)