ランドスケープ

【合格者が教える】 登録ランドスケープアーキテクト補(RLA補)試験の勉強法・勉強時間 

登録ランドスケープアーキテクト補の資格に興味あるけど、どうやって勉強したら良いのかわからない
どのくらい勉強すべきなの?

といった疑問がありませんか?

私が実際に試験を受けたときはほとんど情報がなく困った経験があります。

そのため、この記事は
「学生の間はいろんなことをやりたいから、効率的にかつコストをかけずに一発合格したい!」

といったランドスケープを学ぶ学生のためにこの記事にまとめました。

私自身、RLA一次試験を在学中に一発合格しており、後輩たちにも勉強方法等を指導した経験があります。
ちなみに同じ年に受けたビオトープ管理士2級、技術士一次試験(技術士補)もすべて合格しました。

この記事を読めば「お金と時間を費やさず、最短距離で一発合格できる方法」が分かりますので、ぜひ参考にしてみてください。

登録ランドスケープアーキテクト(RLA補)とはどんな資格?試験内容は?

実施日: 9月下旬 日曜日
合格発表日: 11月中旬
申し込み期間: 毎年6月初旬~7月中旬
※具体的な日程については公式サイトを参照してください(公式サイトはこちらから

受験資格: 問わない(誰でも受験可能)
試験地: 札幌・東京・大阪・福岡の4ヶ所

試験内容:

一次試験
その1(基本的知識) 全80問
ランドスケープの役割、都市公園法等の関連法・制度、ランドスケープデザイン、自然、歴史・文化・今日的課題に関する知識を問う問題

その2(設計知識)
植物材料、植栽基盤、植栽設計、植栽施工と管理、施設材料、施設設計、施設施工と維持管理、敷地造成、雨水排水に関する知識を問う問題

二次試験
その1 No.1土地利用ダイヤグラム
No.2敷地計画

その2 No.3造成・排水設計
No.4植栽設計
No.5詳細設計
※二次試験の各問題は8月中旬あたりに出題テーマが発表されます。

※一次試験、二次試験共にその1、その2があり、各部門ごとに合否判定があり、合格した部門は次回以降に繰越可能です。

ややこしいのですが、登録ランドスケープアーキテクト補を取得するためには、一次試験のその1、2いずれも合格する必要があり、
登録ランドスケープアーキテクトを取得するためには、一次試験その1、2、二次試験その1、2をすべて合格する必要があります。

ランドスケープアーキテクト補を取得している方は一次試験が免除となり、二次試験その1、2を受験して合格すればokです。

合格ライン

残念ながら、明確な合格基準が公表されていません。
公式サイトでは以下のような表記があります。

「本試験の合否判定は、答案の採点後、学識経験者、実務者により構成されるRLA資格認定試験検定委員会を開催し決定します。
合格判定ラインについては、絶対評価のみで決定されるものではなく、正答率、偏差なども考慮し決定いたします。

ランドスケープコンサルタンツ協会HP

つまり、毎年一定ではないということですね…汗

ただし、毎年、昨年度実施試験の採点結果(平均点・最高点・最低点)が公表されています。参考までに2019年の結果を載せておきます。

2019年
一次試験
その1 平均点54.7点/80 合格率 85.3%
その2 平均点47.5点/80 合格率 56.1%

二次試験
その1 平均点23.7点/40 合格率 53.1%
その2 平均点32.7点/60 合格率 45.5%

自分が受験したときに他の受験した学生と照らし合わせた限りですと、合格率はだいたい「60〜65%」くらいかなと感じました。

つまり、80問中48〜52問正答が合格ラインだと想定されます。

RLA一次試験の勉強法、使用したおすすめのテキスト

まずは敵を知ることが重要です。
出題内容と出題数および割合で以下の通りとなっています。

問題数が多い出題分野には下線を引いています。この分野正答率が低いと合格が厳しくなってきますので注意してください。

その1
○ランドスケープの役割:15問程度(18.8%)問1~15あたり
○都市公園法等の関連法・制度:18問程度(22.5%)問16~33
○ランドスケープデザイン:12問程度(15%)問34~45
○自然、歴史・文化・今日的課題:35問程度(43.8%)問46~80あたり

その2
○植物材料・植栽基盤:17問程度(21.2%)問1~17あたり
○植栽設計:5問程度(6.2%)問18~22あたり
○植栽施工と管理:8問程度(1%)問23~30あたり
○施設材料:8問程度(1%)問31~38あたり
○施設設計:16問程度(2%)問39~54あたり
○施設施工と維持管理:15問程度(18.8%)問55~69あたり
○敷地造成:5問程度(6.2%)問70~74あたり
○雨水排水:6問程度(7.5%)問75~80あたり

過去問を徹底的に活用

①苦手分野の特定
まず過去問を解いてみて自分が苦手とする分野はどこなのか特定しましょう。
過去問は公式サイトよりダウンロードできます。
参考にリンクを貼っておきます。過去問ダウンロードページはこちら

過去3年分くらい解いてみて、出題分野ごとに平均正答率を出してみましょう。
面倒であればざっとみて苦手分野を特定してもokです。
また、出来なかった問題にはマーキングして復習できるようにしておくことをおすすめします。

②苦手分野の克服
できなかった問題の復習をします。
ここでポイントなのは、

・なぜ答えがそれになるのか説明できる
・他の選択肢がなぜ間違いなのかを説明できる

ようになるまで復習してください。

これは過去問をみると、選択肢に出てきた内容が出題されている可能性が高いためです。

たとえば、こんな問題があったとします。

問. 美的形式原理を表す語句の組み合わせとして適切でないものを下記より一つ選びなさい。
・コントラスト―対照
・プロポーション―比率
・リズム―律
・エンファサイズ―反復

答えはエンファサイズなのですが、これは「反復」というのは「レペディション」で「エンファサイズ」は「強帳」という言葉だから適切でないとなります。
これが先ほど述べた「なぜ答えがそれになるのか説明できる」に当たります。

あとは、他の選択肢が次に出題されても大丈夫なように今回覚えておきます。

加えて他にも美的形式原理を表す語句があります。
たとえば、
ハーモニー -調和
ユニティ -多様の統一
ムーブメント -動勢

などがあるので、これらもこの問題を復習するときに覚えておいてください。

「1を聞いて10を知る」

この言葉を肝に銘じてください。めっちゃ大事です。
なぜなら、出会った問題からどれだけ多くの知識を得ていくかが、「お金と時間を費やさず、最短距離で一発合格できる」カギとなるからです!!

③他の過去問に取り組む
解いていない過去問を解いて、①と②を繰り返してください。
初めて解いたときの正答率が70を超えてくると合格ラインに達してくると思います。

ここでちょっと疑問が出てくると思います。

あれ、この言葉ってどうやって調べたら良いのかな?(調べるの面倒…)
この言葉、ランドスケープを勉強してるけど初めて聞いたぞ…汗

そう思った方、安心してください。次で説明します!

公式テキストを徹底的に活用

先ほどの例題のように復習するときに、間違えた選択肢を調べる、他の選択肢の意味もいちいち調べるとなると膨大な時間がかかってしまいます。
そこで超おすすめなのがこの本です。試験の公式テキスト「ランドスケープアーキテクトになる本1」!!

ランドスケープアーキテクトになる本 1 / ランドスケープアーキテクト連盟(Jlau 【本】
created by Rinker

これには出題される内容のほとんどが掲載されています。この公式テキストをフル活用して問題の復習を徹底してください。

また、公式テキストに記載されている内容はランドスケープを学び始めた人たちが基礎知識を得るためにも大変有効ですので、
試験を受けない学生でもランドスケープを勉強してるなら手元には置いておくべき本です。

理想は、英単語帳みたいに大学1年生から携帯して何周も読んでたら最高ですね(笑)
知識問題は英単語覚えるように何度も反復、復習して覚えていけば良いので、試験まで時間に余裕のある方は何周も読んでほしいです。

これ以外に補足として以下の本も参考になります。

+α 造園がわかる本

造園分野について全般的に書かれています。ランドスケープを学ぶ学生の大半がいわばバイブルとして持っています。
ランドスケープアーキテクトの仕事についても掲載されているので、仕事のイメージができ、試験問題の内容も覚えやすくなります。
そもそも覚えてもそれがどのように生かされるのか、応用できないと意味ないですからね…

+α ビオトープ管理士試験2級 公式テキスト

【送料無料】 ビオトープ管理士資格試験公式テキスト 2級ビオトープ計画管理士・施工管理士対応 / 日本生態系協会 【本】

ビオトープ管理士試験の公式テキストです。
RLA試験とは問題内容が特に関連法と生態学、施工に関する問題が被っており、解説もわかりやすいです。
個人的には、RLA補を目指すならビオトープ管理士も受験することをおすすめします。両方持っていれば就活、そして就職後も同期と差を付けられて有利になります。

トータル勉強時間

その1、その2合わせてトータル勉強時間は100時間くらいだったと思います。
一日3時間勉強して約1か月といった感じでしょうか。
9月に試験があるので、夏休みに入ってから勉強を開始しました。

ただし、気をつけて頂きたいのは私自身、学部のときは生態学専攻でビオトープ管理士試験の勉強もしていたのである程度、関連法や制度、生態学の知識は勉強前からありました。
本当に初めて勉強し始めるのであればもう少し勉強時間を要すると思います。

過去問解いて、間違った問題を公式テキストで確認、関連ワードとともにノートにまとめて、覚えるの繰り返しです。
ポイントとしては、ノートにまとめたものは、毎日10分でも見直すようにしてましたね。こうすることで、かなり頭に内容が定着してきます。英単語を覚えるときと同じく、1回では覚えられないから何度も復習が重要だと思っていたので。
あとは試験の2週間前はこれまで解いた過去問を再度、制限時間設けて解きました。これで正答率が95~100%になっているか確認しました。
間違った問題はほとんどなかったですが、あればその都度同じくノートにまとめました。

徹底的に取り組んだので、試験当日は正直けっこう自信を持って臨めました。

まとめ

以上のことをまとめると以下の通りです。

  • 勉強方法は
    ①過去問を解いて苦手分野を特定する
    ②公式テキストを使って、なぜ解けなかったのか明らかにする&関連知識の理解も深める
    ③他の過去問も解いて正答率を上げる
  • 公式テキストは試験対策というよりも携帯して少しずつ読み進めてどんどん内容を覚えていった方が良い。
  • 勉強時間はトータルで100時間ほど

 

勉強習慣を身に付けるためにオススメの本はこちら

よし、やることはわかったからこれから勉強していくぞーとスタートを切ったのは良いものの、継続して続けていくのは大変です…

そこで習慣化の専門書を読んで、習慣を身に付ける方法を学ぶのが一番オススメです。

私が参考にした習慣化の本はこちら。

短期間で〝よい習慣〟が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術
created by Rinker

習慣化する方法がとてもわかりやすく説明されているので、サクッと読めて実用的です。読んで損はないですよ。

 

いかがだったでしょうか。

RLA補はランドスケープ分野では割と有名な資格で就活では有利ですし、基本知識が得られるので勉強して損はない資格といえます。

ぜひ、ランドスケープアーキテクトになる第一歩として取得を目指してみてください!!

【厳選3選】ランドスケープ学生が取得すべきオススメの資格  と疑問を持っていませんか? この記事では、ランドスケープ専攻の学生におすすめの資格を3つ紹介します。 私自身、大学...
【厳選2選】ランドスケープ留学を目指す人に読んでほしい本の紹介 というようなランドスケープ分野の留学を考えている人に読んでほしいおすすめの本を2冊紹介します! 実...
【ランドスケープ留学】海外の大学院に進学したい 出願書類の一覧を紹介します!! と思っている方、必見です。 ランドスケープ系で留学もしくは海外の大学院入試では、出願する際に大学側から書類...
ABOUT ME
ceramal.
青森県出身 モットーは「Think Globally, Act Locally」 スキルを掛け合わせて独自性を高めながら、自分らしく人生を歩むことを目指してます。 『英語学習』『語学留学・大学院留学』『温泉』『ランドスケープ』について、「自分の体験談・失敗談」をもとに紹介しています。